ホーム

活動内容

野口健 環境学校

野口健 環境学校

現場で感じるということ

「野口健環境学校」というものを主催していますが、学校といっても、僕が子どもたちに教えるものではないんですね。

日本全国、色々な場所で環境学校を行ってきましたが、基本的な考え方として、一緒に現場を訪れ、色々な出来事を、自分の目で見て、どうすればよいのかと、考えて欲しいということなんです。

 この考えるというのは、頭で考えることもあるけれど、僕は、実際に自分の目で見ることにより、感覚で捉えるということもあると思います。環境問題というのは、データなり頭で考えることももちろん大事ですが、僕は、実際に自分で現場で感じる心も同様に大切だと思っています。

アクションを起こす仲間 環境メッセンジャー

僕自身、講演活動などで学校を訪れた際に、教室の中で伝えるということに、どこかで伝えるということの限界を感じてしまいます。やはり、実際に、現場を訪れ、みんなが何を感じるかが大事です。実際に感覚で捉えるからこそ、問題がリアルになり、「じゃあ自分たちは何をしようか」とアクションが出てくるんですね。

 野口健環境学校では、生徒のみんなに環境メッセンジャーになって欲しいんですね。この環境メッセンジャーというのは、評論家ではなく、こうすれば変わるのではないかという実際のアクションを起こす仲間のことです。これからも環境メッセンジャーを増やしていきたいです。

コスモ石油 エコカード基金「ずっと地球で暮らそう。」プロジェクト野口健 環境学校のWebサイト

毎年、全国各地で、一般公募した小学生、中学生、高校生、大学生らを対象に環境の現場で環境を学ぶ場を提供しています。

 

最終更新日  2011年4月29日

「野口健 環境学校」の関連ページ

「環境学校」のお知らせ記事

2006年7月27日 野口健環境学校富士山

2005年8月19日野口健 環境学校 白神

2005年7月28日野口健 環境学校 富士山

2005年1月30日野口健・環境学校 第一回環境メッセンジャーミーティング

「活動内容」のその他ページ

活動内容

シェルパ基金

マナスル基金

野口健 環境学校

エベレスト・富士山清掃活動

ヒマラヤ地域の氷河融解問題